旭堂南陽のブラリ講談 歴史あるき – 大阪日日新聞

「しんがり 由来」のことを電車のなかでしゃべっている人がいて、

ちょっと調べてみたらこんなニュースがあった。

旭堂南陽のブラリ講談 歴史あるき – 大阪日日新聞

旭堂南陽のブラリ講談 歴史あるき
大阪日日新聞
人は命がけの人間を信用するものです。戦国時代、負け戦の撤退戦の最後を務めるのがしんがり。補給も何もない。後ろを向いて戦い、どんどん逃げて行く。この最も危険な役目に飛び出したのが羽柴秀吉です。金ケ崎の戦いのしんがりを務めました。何度も命の危険を感じ …

記事引用元
旭堂南陽のブラリ講談 歴史あるき – 大阪日日新聞

 

--> 『しんがり 由来』を楽天市場でさがす

こちらにも関連ニュースがあったよ。

本多忠勝 – 4Gamer.net


4Gamer.net

本多忠勝
4Gamer.net
しかも数々の戦で前線やしんがりといった危険な状況に身を置いたにもかかわらず,なんとその身に傷一つ負わなかったと伝えられている。まさに戦国時代きって … そして穂先に止まったかと思うと,その蜻蛉は真っ二つになってしまった,という逸話に由来する。話半分だとしても, …

記事引用元
本多忠勝 – 4Gamer.net

まだ「しんがり 由来」はわからないことだらけ。

また報告するね。

バイバイ

コメントは受け付けていません。