初めて出会った2人が即興で奏でる二重奏 パリの駅が感動に包まれる – ハフィントンポスト

「小保方晴子 手記」について話しながら歩いている人がいて、

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。

初めて出会った2人が即興で奏でる二重奏 パリの駅が感動に包まれる – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

初めて出会った2人が即興で奏でる二重奏 パリの駅が感動に包まれる
ハフィントンポスト
人が忙しく行き交う駅を通り抜ける旅人にとっても、音楽が聞こえてくるのは心地よいものだ。 それが理由かどうかはわからないが、フランス国鉄はいくつかの駅に、誰でも自由に弾けるピアノを置いている。 「A vous de jouer(あなたが弾く番ですよ)」として知られているこのピアノ …

and more »

記事引用元
初めて出会った2人が即興で奏でる二重奏 パリの駅が感動に包まれる – ハフィントンポスト

小保方晴子さん、手記で「死にたい」「上司のわな」 – 日刊スポーツ


livedoor

小保方晴子さん、手記で「死にたい」「上司のわな」
日刊スポーツ
STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)の手記が今日28日、講談社から発売される。同氏がまとまった主張をするのは、14年4月の会見以来初めて。タイトルは「あの日」で、前書きでSTAP細胞問題について「世間を大きくお騒がせしたこと …
小保方晴子さん手記「あの日」・・・私は業火に焼くつくされる無機物になったJ-CASTニュース
宮根誠司氏が小保方晴子氏の手記にコメント「これが事実なら衝撃」livedoor
小保方晴子氏「一片の邪心もなかった」…突然の手記、その真意は? 「現場」の関西に届くのは明日産経ニュース
ハフィントンポスト –現代ビジネス –毎日新聞
all 135 news articles »

記事引用元
小保方晴子さん、手記で「死にたい」「上司のわな」 – 日刊スポーツ

「小保方晴子 手記」に興味が引かれてきた。

もっと調べて報告するね。

(^_^)/~

コメントは受け付けていません。